crefac.netの更新履歴や作者crefacの雑感をブログ形式で公開。無断転載禁止
by crefac
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コペン再び手放す、その後の中古車としての販売価格
コペンを再び所有。明日、納車! 関連

11月中にコペンを手放しました。

買取はネットで申し込み、複数の業者に同時刻に来てもらいました。平成16年式、走行57000km、低速での追突でボンネットとボディに追突跡ありの状態です。

夏頃にこのコペンを購入した業者に出してもらった見積もりは、40万円でした。追突していなかったら50万円とのこと。思っていたよりも低いのは、新型が出ているからでしょうか。

今回は2時間交渉して50万円で手放すことにしました。40万円からはなかなか上がらず、やっと50万円に届いたという感じです。

以前所有していたコペンを買い取った業者は今回も来ましたが、30万円以上は無理との事で、早々に帰ってもらいました。この業者はとにかく他の業者より早く来て、早く決めて安く買い取ると分かりました。次回、機会があっても呼ばないつもりです。

査定の時に初めて知らされたのは、左のヘッドライトが交換してあり、修復歴に近い状態ということ。確かにヘッドライトレンズを磨いても、左右で同じようにきれいになりませんでした。

手放して数日後、早速売りに出されていました。お値段は85万円。35万円の差額です。板金修理、ボンネット交換等の費用で少なくとも10万円はかかると思われ、手間を考えると妥当なところでしょうか。

他にも難点がありました。屋根の開閉はできましたが、閉めるスピードが遅くなっていたような気がします。タイヤは、すり減ってミゾは無くボロボロで車検には通らないレベル。さらに中古車として購入した時から、運転席にシミ、アルミにキズ多数、ドア内張りの破損、前面ガラスに飛び石キズなどがありました。

中古の85万円程度のコペンは、程度がそれ位であると思っていたほうが良いと思います。
[PR]
by crefac | 2015-12-30 17:53 | のりもの | Trackback
トラックバックURL : http://crefac.exblog.jp/tb/22028849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 迷惑LINEの特徴と実例 Canon Pro9000をW... >>