crefac.netの更新履歴や作者crefacの雑感をブログ形式で公開。無断転載禁止
by crefac
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
白アリ対策
 白ありの防除処理の保証が、今年の1月で切れました。業者に頼むと10万円は飛びそう、とのことで自分で行ってみました。

 我が家は「べた基礎」と言って、コンクリートで基礎全体が覆われているので、比較的やりやすいほうです。土丸出しの基礎だと、地面からどんな生物が出てくるか分かりません。いずれにしても施工する季節は寒い時期が良いです。

 床下収納を開けて、床下に潜り込むと、まず気になるのは虫の死骸。1平方メートルに、ダンゴムシ・ワラジムシがおおよそ50、コオロギやゴキブリやアシダカグモが各1。たまに蛾の死骸や、枯れ葉、クモの卵と思われるもの、砂埃、配管を止める釘状の金具などがありました。思わず掃除機掛けしたくなりましたが、掃除機掛けだけでくたびれそうで、後の機会とすることにします。

 床下にくまなくアクセスできるか実際に潜ってチェック。風呂場が狭くてアクセスが難しそうですが何とかなりそう。体型が太っていたら厳しい。

 蟻道という、白アリが家の中に侵入した形跡は無し。湿っているような箇所も無し。風通しも良く、この様子だと白アリは来にくい条件だと思われます。虫の死骸だけが気になる程度です。

 自分でできそう、とのことでネットで調べて、通販等で用具を買いそろえました。

・薬剤 吉田製油所 白アリスーパー21 低臭性 オレンジ 15リットル ¥10,000~
 低臭性がお勧めです。低臭性でも3日間程度、1階は薬剤の臭いがしました。
 オレンジは薬剤を散布した場所がわかりやすい、赤みのかかったオレンジです。30分程度で色は薄くなります。床下なので色が付いても気になりません。ただし今回はたっぷり塗ったので、少し外に漏れてしまったのがわかりました。

・噴霧器 工進 乾電池式噴霧器 GT-3S ¥3,000~
 ホームセンターで購入。殺虫剤には適さず(保証対象外)、とありましたが散布はできました。
 多めに散布したかったので、ノズル調整をして、散布というよりは塗布という感じで使いました。
 電池はエネループを単一の大きさに変換して使用。

・台車 木製。40x60cm程度。ホームセンターで¥2,100~
 床下の高さは、はいずれる程度。はいずりまわると汚れが付きます。砂埃程度なら良いのですが、虫の死骸は嫌です。できるだけこれに乗って移動します。後日わかりましたが「寝板」のほうがより移動しやすそうです。

・懐中電灯 100均
 ダイソーで購入。台車に輪ゴムで固定し、進行方向を照らします。

・ヘッドライト ¥1,000~
 頭に装着して使用。

・防曇グラス ¥525~
 曇り止め機能付きの眼鏡。薬剤や砂埃等が目に入らないよう。

 使い捨てのツナギはレインコートで代用、防毒マスクは普通の使い捨てマスクで代用しました。

 作業時間は約30分。狭い床下で重装備での作業。2月の寒い曇りの日でも、15分程度で汗がびっしょり。防曇グラスもさすがに少し曇りました。

 一番奥にある、難所の風呂場・脱衣所付近を、まず始めに攻めました。薬剤は多めに散布。薬剤は約3リットル使用。15分散布して、電池にやや元気がなくなってきました。

 薬剤補充・気分転換で一度外に出て、再び潜入。残りは広いものの比較的アクセスしやすいく、15分程度で完了。電池は交換せずとも使い続けられました。

 作業完了後はちょっとクラクラしましたが、達成感は十分。噴霧器を丁寧に洗浄して保管し、5年後に備えます。

 後日、業者より白アリ防除のお知らせが届きました。¥69,000でした。我が家の場合、5年毎にそれだけかかってしまうという事ですね。

 今回全部買い揃えたとしても約¥20,000。5年後に噴霧器が壊れていて使えなくなっていても、約¥3,000だから痛くはないです。薬剤も1/3使っただけで、まだ残っています。

 白アリの予防はとりあえずできましたが、駆除となると面倒になりそうです。できれば毎年床下を点検しておきたいものです。

 床下は狭くて暗く、テンション高めで作業しました。作業中は健在(?)アピールを兼ねて、大き目の声で「ヨシ!」・「次!」と気合を入れていました。また万が一、体調が悪くなって自力脱出できなくなったりすると大変です。家族がいる時に行います。床下で動けなくなったら、救急車を呼んで床に穴をあけての救出です。
[PR]
by crefac | 2016-03-22 16:02 | その他 | Trackback
トラックバックURL : http://crefac.exblog.jp/tb/22628288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今度は手間をかけて小屋裏換気 2016無印良品福袋中身詳細 >>