crefac.netの更新履歴や作者crefacの雑感をブログ形式で公開。無断転載禁止
by crefac
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リサイクルショップが消える日
電気用品安全法、聞いたことがあるでしょうか?

この法律により4月1日から家電製品の販売が規制されます。今日初めてこの言葉を知ってネットで調べてみました。規制対象はすぐに理解できないややこしい法律ですが、確実なのは「ほとんど全ての家電製品(特に中古)は規制対象であり自由に売買できなくなる」という事です。

「PSEマーク」が付いている製品であれば売買はできます。しかし2004年製の有名メーカー製テレビでさえ「PSEマーク」が付いていなかったりするのですから、販売規制対象の製品がいかに多いか想像に難くないと思います。

4月1日以降、お店は「PSEマーク」の付いている家電製品しか売る事ができません。中古家電製品を扱っているリサイクルショップは、ほとんどの商品を3月までに売り切らねばなりません。

そして売れ残ったマーク無しの製品は、売る事ができず廃棄するしかありません(譲渡はできますが・・・)。家電リサイクル法でゴミを減らす法律ができたかと思えば、今度はゴミを増やす法律ができているのです。

昔懐かしいゲーム機はもう、中古屋では買えません。
素朴な音が出るあの音源ももう買えません。
買いたいと思う以前に、お店は閉店・撤退で無くなっているでしょう。

以上、ざっと私なりの解釈で書いてみました。間違っている箇所もあるかも知れません。気になる方は最新の情報と併せて調べる事をお勧めします。

経済産業省 電気用品安全法のページ
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/
[PR]
by crefac | 2006-02-04 20:57 | PC・家電 | Trackback(2)
トラックバックURL : http://crefac.exblog.jp/tb/3141143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from まつさや画報 (思い立っ.. at 2006-02-04 23:52
タイトル : なんだ、この法律は!?
こんな法律いつ通ったのかしら。 音楽好き、音楽やってる人は必見。 気持ち悪い。なんのために? とにもかくにも、「剥奪」以外の何者でもなく。 バンドマン殺しだね。 以下コピペ。 ------------------- おまいらの聴き親しんだ、楽器、エフェクター、アンプ、オーディオが日本国内で売買不可になるお知らせだ! フェンダーやマーシャル、メサブギー、ハイワット、ダンブルのアンプ ローズ、ウーリーツァーなどのエレピ ミニムーグ、プロフェット5...... more
Tracked from blog Crefac at 2006-02-05 10:16
タイトル : 告知
リサイクルショップが消える日 より 法律は成立(施行)から5年以上の猶予期間があります。猶予期間を設けることで国民に広く知ってもらうことが目的です。電気用品安全法については5年の猶予期間があったようです。つまり成立は2001年だったわけです。 このように電気用品安全法はいきなりできたというわけではないのです。しかし問題は5年もの猶予期間があったにも関わらず、広く告知されていたという印象が全くなく(私自身、昨日初めて知りました)多くの人がこの法律を知らなかった事です。 リサイクルショッ...... more
<< 電気用品安全法の問題点 QRコード更新 >>