crefac.netの更新履歴や作者crefacの雑感をブログ形式で公開。無断転載禁止
by crefac
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:DTM・音楽( 34 )
XG WorksをWindows 7 64bitで動作させる
SC-8850をWindows7 64bitで動作させる 関連

 今度はYAMAHAのXG Worksです。こちらもWindows 7 64bit環境でインストールができません。

 Windows XPモードでXG Worksをインストールします。インストール後、XG Worksの入っているフォルダを、Windows 7 64bitのCドライブにコピー。これでXG Worksの起動はできます。ただし、そのままでは楽譜が読めないので、楽譜用フォントもコピーします。XG musicというフォントです。Windows XPモードのFontsフォルダから、Windows 7 64bitのFontsフォルダにコピーします。

 これでWindows 7 64bit環境でXG Worksが動作しました。
a0048372_21222954.jpg

[PR]
by crefac | 2011-06-17 21:23 | DTM・音楽 | Trackback
SC-8850をWindows7 64bitで動作させる
念願のDTMシステムが揃う 関連

 Roland SC-8850(製品情報)のWindows7 64bit用ドライバーはまだ正式にリリースされていません(Roland SC-8850ダウンロードページ)。Windows Vista 64bit用のドライバーはリリースされていますが、Windows7 64bitでインストールドライバを実行すると、バージョンチェックではじかれて、インストールが続行できません。
a0048372_11184882.gif


 Windos Vista 64bitとWindows 7 64bitは大差ないので、ドライバープログラムの流用が効くかもしれません。

 ダウンロードしたドライバのフォルダには、ドライバーファイルがあります。インストールプログラムを使わず、コントロールパネルから直接インストールしてみます。

 コントロールパネル→ハードウエアとサウンド→デバイスマネージャーを開きます。「ほかのデバイス」の下層に「不明なデバイス」があるのでプロパティを開きます。
a0048372_11253194.gif


 「不明なデバイス」のプロパティの画面で「ドライバーの更新」ボタンを押します。
a0048372_11273666.gif


 ドライーバーソフトウェア検索画面で、下の「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」ボタンを押します。
a0048372_11292178.gif


 ダウンロードしてあったWindows Vista 64bit用ドライバのフォルダを指定し、インストールをします。しばらくしてインストールが完了します。
a0048372_11312056.gif


 「不明なデバイス」のプロパティが、「Roland SC-8850」のプロパティに変わり、「このデバイスは正常に動作しています。」となっています。
a0048372_1137204.gif


 デバイスマネージャーにも「Roland SC-8850」が表示されています。
a0048372_11392885.gif


 この後、実際の動作を確認して問題ありませんでした。当方の環境ではうまくいったのですが、全てのWindoes7 64bit機でうまくいくとは限りません。手順が良くわからない場合は、Rolandからドライバーが正式リリースされるのを待ちましょう。

 またWindows Vista以降は外付midi音源を接続しても、Windows標準の音源として設定できません。この設定も手間がかかります。ネットで情報を集めて、何とかできました。
[PR]
by crefac | 2011-06-15 11:48 | DTM・音楽 | Trackback(1)
MU2000ジョグダイヤルを修理
ファームウエアアップデート

 久しぶりにMU2000(YAMAHAの音源)をいじってみたら、ジョグダイヤルがうまく動作しません。右回しで数値が減ったり、いきなり数値が飛んだりして、使い物になりません。本来は右回しで数値UP、左回しで数値DOWNです。

 ネットで調べて、自力で修理できる不具合と判明。ジョグダイヤルを分解し、余分なグリスをふき取るのです。

 分解・修理方法をここで紹介します。自分で行う際は自己責任で。

 ジョグダイヤルを手前に引っ張って外しておきます。そしてドライバーでネジを外し、本体の枠を外します。プラグインボードを増設してあったら、あらかじめ外しておきます。外すネジは底面全て、背面は電源コードを押さえる部品以外のネジは全てです。上面のネジ2本は外しません。ネジはほとんどインチネジですが、2本だけミリネジがあります。底面中央にある2本が、ミリネジです。

 ネジが外れていると、本体底面を背面にスライドする事で、本体を開ける事ができます。特にシビアに扱うような、切れやすいフラットケーブルは見当たりません。

 内部からドライバーを入れて、ジョグダイヤルを止めてある2本のネジを外します。ジョグダイヤルの基板が外れますので、ダイヤルを固定しているナットを外します。さらにダイヤルは4本のツメで基板に固定してあるので、元に戻す事を念頭に置いて必要最低限開きます。

 ジョグダイヤル部品をばらすと、接点付近がグリスでべとべとになっているはずです。綿棒などで丁寧に拭き取ります。受ける側の接点3本は、比較的細く変形しやすいので注意。

 ダイヤルを戻す時、接点が1本のほうから斜めに入れ込むとやりやすいです。逆に接点が2本のほうから、入れ込んだら接点が少し変形してしまいました。ダイヤルは4本のツメを戻して固定し、あとは本体のネジ止めです。

 本体の底面のネジのうち、プラグインボードが入るスロットカバー4本のネジを先に仮止めしておくと作業が楽です。あとは分解と逆の手順で戻します。

 電源を入れて、ジョグダイヤルを回してみると、本来の動作に戻り、修理成功です。分解時に内蔵バックアップ電池もチェックしましたが、交換は簡単にできそうです。使われている電池はCR2032です。

 同じようなYAMAHAのジョグダイヤルを使用している機種で、同じ不具合ならばこの修理で対応できそうです。MU128、MU1000はほぼ同じボディです。MU90R、MU100Rもできそうです。
[PR]
by crefac | 2011-06-08 22:10 | DTM・音楽 | Trackback
AAA「逢いたい理由」に似ている曲は
Purple Days 関連

 数日前に小室哲哉プロデュース曲が「AAA」の「逢いたい理由」で、オリコン1位を獲得しニュースになりました。

 この曲を聴いてみると、サビの部分は過去の小室哲哉ヒット曲「trf」の「BOY MEETS GIRL」に似ています。

You Tubeで検索
AAA 逢いたい理由
trf BOY MEETS GIRL

「BOY MEETS GIRL」のサビ
「BOY MEETS GIRL それぞれの あふれる想いに きらめきと」

「逢いたい理由」のサビ
「逢いたいと 想う理由を 変換して また消して」

この部分はそっくりです。
[PR]
by crefac | 2010-05-22 12:18 | DTM・音楽 | Trackback
Purple Days
小室哲哉逮捕 関連

 レンタルショップのTUTAYA店内にて、なんだか聞いた事のある曲が。TUTAYAが現在無料レンタル中(1/31まで)のPurple Daysというグループの曲でした。「小室哲哉プロデュース・TMN2世と言えるユニット」と、旧公式サイトで自称しているのもわかります。

 早速レンタルしてみました。ジャケットは今時の顔立ちの男3人組。TUTAYA限定FREE RENTALと記載されています。

Shine Of Love
a0048372_14485441.jpg

Impressive Child
a0048372_1449591.jpg

 TM Networkよりもaccessに近い音です。ボーカルは甘い感じで、宇都宮隆よりも貴水博之に近いです。

Wikipedia PurpleDays
http://ja.wikipedia.org/wiki/Purple_Days

 公式サイトは検索してみると2つあります。

 誕生日や身長等のプロフィールは旧サイトが詳しいです。身長は低め。

Purple Days 旧オフィシャルサイト
http://purpledays.jp/
*右クリックすると怒られます。

Purple Days オフィシャルサイト
http://purple-days.jp/
[PR]
by crefac | 2010-01-23 15:02 | DTM・音楽 | Trackback(1)
大人には聞こえない音
周波数の高い音は大人には聞こえません。本当にそうなのか、試してみましょう。

大人には聞こえない着信音
http://itsd210.s24.xrea.com/ja/mosquito_sound/

低い音から始まります。筆者は14,000Hzまでははっきりと聞こえ、15,000Hzはなんとか聞こえ、16,000Hz以上は全く聞こえませんでした。

高い音は公共の場で若者避けに使われはじめています。

ページの下のほうで、低音も聞けます。筆者は75Hzが限界でした。
[PR]
by crefac | 2009-06-26 22:36 | DTM・音楽 | Trackback
小室哲哉逮捕
小室哲哉が5億円の詐欺容疑で逮捕されました。ついにこの時が来たなと思いました。1990年代の小室哲哉ブームが去ってからは、借金で苦労していた事は知っていました。

朝のテレビニュースで部分的に「小室哲哉さんが…かつては」と聞こえたので、はじめは自殺かと思いました。今回は詐欺容疑、という事で本人は生きていて一安心?

TM NETWORK復活後は、後ろ向きな曲、リメイク曲が多く、新曲がつくれない精神状態がうかがい知れました。

例えば過去のヒット曲タイトルを歌詞にした「WELCOME BACK 2」には、露骨に「あの頃(売れていた頃)は良かった、また戻りたい」という気持ちが出ていますし、今回逮捕されなければ発売されていたglobeの新曲はTM NETWORKの曲。最近のアルバム名はTM NETWORKの前身である名称の「SPEEDWAY」。新鮮味に欠けますし、白けもします。

一方、良い曲・お気に入りの曲もあるのも事実です。「CASTLE IN THE CLOUDS」はかなりのお気に入り。修正前の歌詞で歌われている「YABE VERSION」は、ファンタジックでスケールが大きく夢があり、とても好きです。

こういった曲に加えて、「Get Wild」や「Love Train」のようなヒット曲が出ていたら、また売れっ子になれたかも知れません。

社会復帰し、新曲がまたリリースされる事を願っています。
[PR]
by crefac | 2008-11-04 20:58 | DTM・音楽 | Trackback(1)
XGworks・SOL生産終了
 少し前になりますが、「XGworks」シリーズと「SOL」シリーズ生産終了に伴うDMを受け取りました。製品ユーザー登録を2つ済ませているので、2通来ました。
a0048372_2021382.jpg

 代替となる優待販売ソフトは「Cubase4」シリーズ。優待内容は画像を参考にして下さい。「価格.com」の「Cubase4」の最安価格は¥103,600優待価格は¥59,800。確かに優待価格と言える価格です。

 XG音源の凝った設定には、XGworksが断然良いです。しかしXG音源以外のコントロールにはいまいち。Cakewalkはすべての音源の音色が選択できますが、面倒な音色リストの編集が必要。

 今までDTM音源セット付属のソフトでやってきたので、単体ソフトで6万円近くかけるのならば、それなりに使えるソフトであると期待したいものです。複数メーカーのハードウエア音源をまとめてコントロールできれば良いのですが。
[PR]
by crefac | 2008-06-01 20:13 | DTM・音楽 | Trackback
念願のDTMシステムが揃う
ん年前よりあこがれていたDTM音源がようやく揃いました。
a0048372_2036171.jpg

写真下から
Roland SC-8850(製品情報)
YAMAHA MU2000(製品情報)
KORG NS5R
Roland P-55

この他にRoland XP-30(製品情報)です。

これらの音源をパソコンの近くに集約するために、ホームセンターで材料を買ってきてデスクを自作しました。費用は約2万円。

MU2000以外の音源は全て生産終了品の、数世代前の機種ばかり。全て中古品で手に入れました。趣味でこれだけ揃えられれば十分だと思います。使いこなせるのは何年先なのか。

この中で浮いている感のあるピアノ音源P-55。音源部が壊れた電子ピアノの音源用として購入しました。ピアノ関連の音色しか入っていませんが、抜群に表現力が良いです。他の音源のピアノ音色がおもちゃに聞こえるくらいです。

ミキサーはRolandのM-10MX(製品情報)にしました。アナログ出力でパソコンに接続したら、しゃれにならないほどノイズが乗ってしまい、デジタル出力でパソコンに接続しました。それでもノイズは聞こえますが、音源そのものから出ているノイズのようです。ノイズを低減できるオーディオ付USBミキサーに変えてもあまり効果がないかも。
[PR]
by crefac | 2007-12-27 20:44 | DTM・音楽 | Trackback(1)
初音ミク ~ PCが歌を歌う
週間アスキーで久々にワクワクする記事を見つけました。歌うソフトウェア
「初音ミク」
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv01.jsp
です。メーカーの予想以上の売れ行きで生産が間に合っていません。店頭で現在入手困難です。

パソコンに歌わせるソフトは、自動読み上げソフトにメロディーをつけたような、いかにもロボットがしゃべっている感がありました。例えばこれはハードですが、ヤマハのDTM音源MU100シリーズ用の歌うプラグインボード
PLG100-SG
http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/plug/plg100sg/index.html
があります。これはお世辞にも人間の声には似ていませんでした。

「初音ミク」の公式サイトで手に入るサンプルは、あまり機械的な感じはしません。ただ、それなりにエディットに手間隙をかける必要があるでしょう。個人的にはPLG100-SGより数段良くなったものの、まだまだかなと思っています。

You Tubeで公開されているような歌声は、かなりエディットに手間をかけていると思われます。
You Tube「初音ミク」で検索
http://jp.youtube.com/results?search_query=%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF&search=%E6%A4%9C%E7%B4%A2
[PR]
by crefac | 2007-09-24 11:40 | DTM・音楽 | Trackback