crefac.netの更新履歴や作者crefacの雑感をブログ形式で公開。無断転載禁止
by crefac
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
EOS Kiss F ダブルズームキット発売
望遠レンズ購入 関連

 Kiss Fにダブルズームキットが9月より追加されます。

キヤノンが“EOS Kiss F ダブルズームキット”を発売
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2008-08/pr-wzoomkit.html

 「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」の二本立てになります。

 手持ちの「EF55-200mm F4.5-5.6 II USM」と比べると、少し重量は増しますが、IS(手ぶれ補正機能)付で250mmまでの望遠は魅力的です。
[PR]
by crefac | 2008-08-20 20:39 | PC・家電 | Trackback(1)
望遠レンズ購入
Kiss X2 と Kiss Fとの違い 関連

 EF55-200mm F4.5-5.6 ll USMを中古¥6,000で入手しました。この価格なら扱いを気にせず、気軽に使えます。望遠ズームとしては軽量の310g。レンズに特にカビは見られず、レンズボディに傷が少しあった程度。

 早速自宅にて望遠側で撮影テスト。肉眼ではよく見えなかった建物が、ファインダーからはよく見えるようになり、新しい世界がまた一つ増えました。

 しかし撮影後に画像を見ると、もやがかかったように遠くの物が歪んで見えます。湿気の多い空気の層のせいだと思われます。

 超音波モーター搭載で、動作音が静かでAFが早いのが良いです。手ぶれ補正機能の無い暗いレンズなので、三脚を用意するか、シャッター速度等の設定を意識する必要はあります。

 これで広角から望遠までのレンズが揃いました。
・EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・EF55-200mm F4.5-5.6 II USM
・EF50mm F1.8II

 軽量&低価格レンズばかりですが、この組み合わせこそ、最軽量本体のEOS Kiss Fにマッチします。最軽量といえどもポートレートと風景撮影までをこなす、守備範囲の広い組み合わせです。
[PR]
by crefac | 2008-08-18 21:07 | PC・家電 | Trackback
GIGABYTEのデジタル音声入出力ブラケット
外付HDDは自作よりも既製品が安い 関連

 自作PCのマザーボード選定の際に困ったのが、音声のデジタル入出力機能が付いていない事。デジタル出力ができる機種ならかなりあるのですが。妥協してオプションパーツにてデジタル入出力ができる機種を選んで購入しました。ですが、今度はそのパーツがなかなか手に入りませんでした。

 マザーボードのメーカーはGIGABYTEです。今年の春先にオプションパーツをドスパラに注文してみましたが、日本での販売の時期が不明で受け付けができないとの事でした。秋葉原で探しても、他メーカー製の「COMブラケット」を見つけるのがやっと。どうもマザーボードのオプションパーツは、取り扱いが無い事が多いようです。目当てのパーツは過去一度オークションで出品された事がありましたが、気がついた時はすでに終了していました。

 時がたち、今となっては状況が変わってきました。ネットで検索してみると、取り扱い店舗が出始めています。オプションパーツの型番は「12CR1-1SPINO-11R」(googleの検索結果)です。¥3,000程度で買えそうです。

 現在は各外付音源をミキサーにまとめ、アナログでマザーボードに接続しています。入手次第、デジタル接続に変更します。
[PR]
by crefac | 2008-08-17 22:44 | PC・家電 | Trackback
RPGツクールシリーズ:RPGツクールVX
RPGツクールシリーズ:RPGツクールXP 関連

・RPGツクールVX
筆者が今年になってPCを新調し、これでRPGツクールXPも使えるかなと、ツクールのサイトをチェックしたら、初めて発売されていた事を知りました。

RPGツクールXPの敷居が高いという欠点を反省し、扱いやすく改良されています。まだ本格的に操作してはいませんが、機能はRPGツクール2000以上、RPGツクールXP未満だと考えられます。編集画面の雰囲気はRPGツクール95になんとなく似ています。

RPGツクール2000では満足できなくなった方に向いているのではないかと思います。
[PR]
by crefac | 2008-08-15 21:06 | GAME | Trackback
Kiss X2 と Kiss Fとの違い
一眼といえばボケ具合 関連

 EOS Kiss F本体とEF 50mm F1.8llの組み合わせを中心に、気ままに身近なものを撮っています。

 上位機EOS Kiss X2等とよく比較されるFです。筆者も比較しましたが、納得の上購入しています。主な違いと納得した点を挙げてみます。

画素数
Kiss X2 : 1220万画素
Kiss F : 1010万画素
 同じ面積に多くの画素が詰め込まれているのがX2です。画素が多い=高精細であることには間違いないのですが、高画質に直結するとは限りません。一般的に画素数が少ないほど、暗い場所に強い=高画質です。X2の上位機40Dも1010万画素。1000万画素あればA3プリントに十分と思っています。

AF測距点
Kiss X2 : 9点
Kiss F : 7点
 ピントの合うポイントの数です。多いほど高機能とされています。X2は菱形に9カ所、Fは十字型に7カ所です。今まで使っていたコンデジはピントが中心に1カ所のみ。中心に一度ピントが合うようにしたのち、構図をずらして撮影する方法が身についているので、数の多少は気になりませんでした。むしろ多いほどコンピュータの賢さがないと、フォーカス速度が落ちてシャッターチャンスを逃してしまうのではと思いました。

ファインダー視野率
Kiss X2 : 0.87倍
Kiss F : 0.81倍
 1倍に近いほど使いやすいです。これはX2が良いです。

背面液晶モニタ
Kiss X2 : 3.0型
Kiss F : 2.5型
 大きいほど見やすい、しかし消費電力(電池持続時間)や重量にも関わってきます。2.5型でも十分に大きく見やすいです。

ボディのみの重さ
Kiss X2 : 475g
Kiss F : 450g
 25gの違いですが、より気軽に持ち歩く事ができるのは軽いほうです。

他にもカタログでわかる違いもあります。カタログ以外の違いの一例としては、グリップ部分の質感があります。

X2との違いはあまり感じられないと判断しています。しかしkakaku.comや2ちゃんねるでのFの評価は良くありません。筆者は「最軽量EOS」を評価して購入した、比較的珍しいユーザーなのかもしれません。

使用しているSDカードはおまけに付いてきたCLASS4の2GB。実売価格1,000円程度の安物ですが、処理速度は速く全然ストレスを感じません。今まで使ってきたスマートメディアが遅すぎたのでしょう。
[PR]
by crefac | 2008-08-01 21:22 | PC・家電 | Trackback(1)