crefac.netの更新履歴や作者crefacの雑感をブログ形式で公開。無断転載禁止
by crefac
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
LED電球がダウンライトに取り付けできないケース
 我が家のダウンライトには、電球型蛍光灯が取り付けてあります。電球型蛍光灯は電球よりも消費電力は少ないのが長所ですが、欠点は最大の明るさになるまで数分かかる点です。トイレでは不便なので、点灯してすぐに明るくなるLED電球への取替えを検討しました。

 とりあえず買ってきたのが東芝のLDA5L-WE17です。
a0048372_940526.jpg

 ダウンライトの電球取付方向が斜めなので、光が広がるタイプにしました。地元家電量販店で¥3,880と安くはありませんので1つだけ試しに購入。

 そして、ダウンライトの電球型蛍光灯を取り外して付け替えようとしたら、口金の口径が間違っていて取り付けられませんでした。E17だと思い込んで購入したのですが、E26サイズが正解でした。

 ダウンライトの電球交換は保留し、E17口金の玄関灯を電球から交換。点灯してみたら、雰囲気はほとんど電球と変わりません。36Wの電力を消費する電球から、5.4WのLED電球になり大幅な節電です。

 購入したLED電球のパッケージの注意書きを、改めて確認してみました。
a0048372_9255416.jpg

 一番下の注意書き、「断熱材施工器具(SB,SGI,SG表示器具)」には使えないというのを初めて知りました。

 我が家のダウンライトを確認してみると
a0048372_9421381.jpg

 玄関のダウンライトも
a0048372_9564024.jpg

 「SGI」の表示があり、LED電球が取り付けられないという事が判明しました。

 LED電球は意外と発熱します。断熱材施工器具で使うと、熱が籠ってトラブルになりかねないという事でしょう。口金の口径を間違えていなかったら、気づかずに設置して、使い続けていたかも知れません。
[PR]
by crefac | 2011-10-03 09:57 | PC・家電
<< Canon EOS 60D価格... CANON EOSエントリー機価格3 >>